ギターの加湿器~ギター・ヒューミディファイア

IMG_0797

 

IMG_0798

筒の中ではジェル状の水

 

IMG_0804

ねずみ色の部分から、ゆっくりと放出される水

 

IMG_0806

おしゃぶりをくわえたギター

 

届きました。

 

部屋の乾燥にまけない、ギターの加湿器。

 

筒状の容器に水を入れると、中に入っている結晶粉末と反応してジェル状の水になるとのこと。

そして、この筒の容器をギターのサウンドホールに入れておくと、ゆっくりと水が放出されて湿度を保つそーです。

 

ほんとかな?

 

ギターの表面には塗装がされていますが、内側はされていません。

なので湿度が低いと内側から乾燥が進みます。

さらに、乾燥がどんどん進むと「バン!」と音を立てて木部が割れるそうです。

または木部が変形することもあるそうです。

 

割れたり変形したギターは元にはもどらず、きれいな音色も戻ってきません。 

 

 

             Δ

 

 

 

IMG_0713

平成のおしゃれ路線。半世紀前の赤い毛糸を使って。

 

おしゃれな縞模様のセーターを着たふくちゃん。

 

お見事!ばばちゃん。

すごくおしゃれなセーターを編んでくれました。

 

さらにすごいことに!

昭和の色合いの「ひつじのセーター」は、あっという間にほどかれて毛糸の玉に。

そして、ばばちゃんは次のセーターを編みはじめました。

 

さてさて、

 

1月12日のブログ「雪の小樽で」。

このときのピンクのセーターを着たふくちゃんの写真は、賛否両論の物議を醸しました。

 

実のところ、この縞模様のおしゃれなセーターでも同様の写真があります。

しかしながら、家族からの強い反対がありお蔵入り。

幻の写真となりました。

(お知らせでした)

Leave a Reply
コメントを残す

* が付いている項目は、必須項目です

*

認証コード

スパム防止のため下記の等式が成り立つ数を入力してください(半角)。 *
9 − = 二